仮想通貨 Defi : PancakeSwap に LP トークンが表示されない

雑記
スポンサーリンク

はじめに

LPトークンを解体する必要が生じ PancakeSwap で解体を試みたのですが、PancakeSwap に LPトークンが表示されない事態が発生しました。

具体的には、「No liquidity found.」 とだけ表示されて、PancakeSwap で確認することができない状況で、これでは当然ながらLP解体もできません。

PancakeSwap LPトークン解体

対処法

発生原因

この現象について調べてみると、どうやらマイナー過ぎるコインだと PancakeSwap に登録がなく、表示されないことがあるようです。ですので対応策としては、手動で指定してあげれば表示さえるようになります。

LPトークンを構成している通貨のコントラクトアドレスを特定

まずは LP トークンを構成しているコインの「コントラクトアドレス」を調べます。なお当然ながらになりますが、自分が何のコインを組み合わせてLPトークンを作成したかは、覚えておく必要があります。

コントラクトアドレスは、よほどマイナーなコインでない限りは「CoinMarketCap」で調べることができるでしょう。なお「CoinMarketCap」の使い方は調べると沢山出てくると思いますので割愛します。

仮想通貨価格、チャート、時価総額 | CoinMarketCap
時価総額別トップ仮想通貨の価格・チャートBitcoinをはじめとする、数千ものアルトコインの現在および過去のデータに無料でアクセス

しかしながら今回のコインは余程マイナーなコインだったため、今回は「BscScan」で調べることに。(このBscScanはBinance Smart Chainのトークインに特化したものなので、Ethereum ベースのトークンの場合にはEtherscan等を使用する等して対処してください。)

今回は PANTHER と BUSD を組み合わせた LPトークンの解体ですので、PANTHER と入力します。

BscScan

それっぽいのが検索されたら、それを選択します。

BscScan

表示されたページの右上にあるコントラクトアドレス(0x から始まる長い文字列)をコピーします。

BscScan

コントラクトアドレスを用いて PancakeSwap で手動で表示

「Liquidity」メニューの下部にある「import it.」を選択。

PancakeSwap LPトークン解体

LPトークンの元になっているコインを選択します。BUSD はメジャーなコインなので、簡単に選択できると思います。さて問題は PancakeSwap で、これを表示させるために「Select a token」を選択します。

PancakeSwap LPトークン解体

先ほどコピーしたコントラクトアドレスをペーストします。そうしましたら、PANTHER と表示されましたのでこれを選択。

PancakeSwap LPトークン解体

無事に PANTHER と BUSD の LPトークンが表示されました。この状態で左上の「矢印←」で戻って、通常通り解体作業でOKです。

PancakeSwap LPトークン解体

以上で完了です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました